セイディーズハウス

お問い合わせ042-306-2083

営業時間営業時間 12:00~19:00
毎週 火曜日・水曜日 営業

ホーム > 天然石のご紹介 > ラリマー

ラリマー

ラリマーについて

ラリマーとは

まるでカリブ海の色の様な透き通ったブルーの石。その石は見る者を魅了し、言い様の無い安らかな気持ちにさせてくれる石。それがラリマーです。

ラリマーの正式名称は「ブルーペクトライト」。ペクトライトはケイ酸塩鉱物の一種で、その中でも銅により水色が発色したものをブルーペクトライト=ラリマーと言います。

このブルーのペクトライトが発見されたのは1974年と比較的新しく、しかも世界で数か所でしか発見されてません。その中で採掘されているのがカリブ海に浮かぶ常夏の島国、「ドミニカ共和国」です。ラリマーという語源も、発見者の一人ドミニカ人のミゲルの娘「ラリッサ」とスペイン語で海を表す「マール」を融合させたものと言われています。

ヒーリングストーン

いつからかラリマーはヒーリングストーンとして世に知られ、スギライト・チャロァイトと共に、世界三大ヒーリングストーンの一つになっています。
その可愛らしい癒しのブルーから「イルカ石」とも呼ばれ、ラリマーの意味や効果としては
深い癒しを与える石、またはその優しい風合いから「愛と平和の石」と言われ、持つ者にその優しい波動で深い癒しを与えると言われています。

希少性

近年のパワーストーンブームもあり、そもそも採掘量が少ない事に加え需要が増した為、近年上質なラリマーはかなり希少になっています。例えドミニカに行ったとしても、濃いブルーのラリマーの流通量はほんの僅かです。

品質

持つ方によって好みは様々ですが、一般的に濃いブルーである事と、透明感がある事が高品質の条件です。それに加え柄や白部分の比率などで価値が決まります。

当店のラリマー

前述しましたが、現在非常に高品質のラリマーが日本に入ってこない状況です。ただ当店は特別な現地ルートを使い、高品質な原石の入手に成功しています。もちろん加工もドミニカ共和国国内で行っております。実際殆どの日本のラリマーがドミニカから直接ではなく、他国を通過して日本に入ってきています。しかし当店のラリマーはすべて、原石を現地で買い付け、そして現地で加工してから日本に直送しますので、お客様のお手に届くまで現地の人間と私どもしか触れていない、とてもピュアな状態で入荷致します。数多く日本で流通しているラリマーの中で、ドミニカから直接入っているラリマーはかなり希少なラリマーと言えるでしょう。

品質には当然のごとくこだわっていますので、良いラリマーだけを厳選し日本に送ります。
そして、現在日本には無い濃いブルーのラリマーを皆様のお手元にお届け致します。

オンラインストアにてラリマー が購入できます。ぜひご覧ください。